多治見るこみち♫事務局ブログ

多治見るこみち事務局ブログ第24弾♬

プログラム№37
技能士が教える原型制作体験!
本格的ジュエリーメイキング

多治見市笠原町の一角に
アトリエを構える『un plus』。

今日のプログラムは、
un plusさんよりお届けします♪

このプログラムの案内人である
小川 夏都代 先生は
貴金属装身具技能士1級
国家資格である技能検定制度の一種)
の資格を持っていらっしゃいます。

今回このプログラムでは、
貴金属加工でも用いられる技法を体験しながら、
オリジナルのジュエリーを作ります♬

さっそく先生ご指導のもと
プログラムのスタートです♬

テーブルの上には
様々な材料が…。

ピンク色のシートは
触ると柔らかく、
熱を加えると溶けていきます。

このシートが、大切な原型となるのです‼‼

用紙にイメージするデザインを描いたら
そのデザイン通りに型を作っていきます。

実際、“デザインを決める”
という事に、一番時間がかかりました。

私にコレが作れるかな???
不安な言葉を発すると、
先生が「大丈夫!出来るよっ!」と
励ましてくださり、勇気が湧いてきます♬

切り取った原型の角を丸くするために
アルコールランプの火で炙り
少しだけ溶かします。

アルコールランプ…
使用したのは高校生の理科の実験の時以来でした!
ドキドキ…。

皆さん、作品はそれぞれ異なる為
そのデザインによって手法も異なります。

どんな作品になるのかな♬

黙々と作り続ける事1時間30分程。

徐々に形になってきました‼‼

最初は
「出来ない…」
なんて弱音を吐いてしまいましたが…
完成が近づくころには
「楽しい!!次回は何をつくろう♬」
と、ワクワクしていました♬

出来上がった原型は
先生にお預けし、
仕上げて頂きます。

完成まで約1ヶ月。
とっても待ち遠しいですね♪

今回私は、
このまちならではなプログラムとして
タイルを使ったジュエリー制作に挑戦させて頂きました。

先生、弱音ばかり吐いてごめんなさいっ。
でも頑張って最後まで仕上げることができました♬

とっても素敵なプログラムを
ありがとうございました♬

【開催レポート】担当 武藤