多治見るこみち♫事務局ブログ

暑かった夏もいつの間にか過ぎ去り
すっかり秋の気配を感じます。

9月24日 中秋の名月

月がのぼる姿を
こんなにも待ち遠しく感じたのは
何年ぶりでしょう…。

多治見るこみち 事務局ブログ第8弾♬

虎渓山徳林院さんにて開催された
 プログラム№41
 流しそうめんと極小ビオトープ
 虎渓山 秋の夜 篠笛と虫の音色

をレポートさせて頂きます♪


「こんにちは~」
っと、徳林院さんにお邪魔したのは
まだ外も明るい夕方4時。

竹で作った特設の樋と
ビオトープがお出迎え。

まずは流しそうめんを
ご堪能いただく為の
器を選びます♬

色とりどりの
美濃焼の器。
とても綺麗ですね。

器も決まったところで
流しそうめんのスタートです♬

みんなでワイワイとお話をしながら
とっても楽しく、美味しくいただきました。

日が傾きはじめた夕方5時半頃。

篠笛の演奏会が始まりました。

そっと目を閉じると…
隣の竹やぶからは
虫の合奏も聞こえます。

なんて贅沢な時間でしょう。

夕方6時を過ぎると
辺りは暗くなり始めました。

みんなが待ちわびているのは…
そう、お月さまです。

少し雲が厚く
なかなか全貌を見せてはくれないお月さま。

待つ時間もまた、良いものですね。

月の明かりに照らされて
優しく光る境内。

秋の訪れを感じることの出来たプログラムでした♪

案内人の向井さん、廣瀬さん
今年も素敵なプログラムをありがとうございました。

【開催レポート】担当 武藤