多治見るこみち♫事務局ブログ

「多治見るこみち2018」レポート第2弾♪

9月16日には、多治見市ながせ商店街にある「玉木酒店」にて、
「来年の干支 亥の置物を作ろう」が開催されました。

陶芸家 秋山仁恵さん作の亥にご自身で絵付けをするという体験ワークショップです。

毎年、愛嬌のある干支の置物が大人気の秋山さんとのコラボイベント♪

風情ある酒屋の一角で、参加皆さんでテーブルを囲んで、
ワークショップはスタートしました。

午前、午後と2回開催でしたが、どちらも満席の人気ぶり。

1つづつ表情も尻尾の形も異なる素焼きの亥から、お好きなものを選び
まずは秋山さんから、作り方のレクチャーを。

用意されている参考資料を見ながら、鉛筆であたりをつけていきます。

「どんな柄にしようかな~」と皆さんでワイワイ盛り上がっていきます♪

柄が決まったら、下絵の具で各自色をいれていきます。

ご家族分の干支を描かれる方、花札の柄にされた方など
個性豊かな服を着た亥を秋山さんの手を借りながら、描いていきます。

午前の部でもアロハ柄の亥や、還暦を迎えるご主人の為に
赤い法被を着た亥を作られる奥様など、ほんとに個性的で見てるだけでもとっても楽しい!!

店主も突如参加。
いつも笑顔の玉木さん、こんな真剣な表情、なかなか見られません(笑)

みなさんの個性溢れる亥がずらり♪

この後、秋山さんがさび色を入れてくださって、窯で焼いて完成です!

どんな仕上がりになるのか、また再会するのを楽しみにして、
ワークショップは終了。

眺めているだけで楽しくなれる亥達。来年は福がやってくること、
間違いなさそうです♪

11/8~玉木酒店にて開催の「えとてん」では、
秋山さん作の大小さまざまな亥が並びます。
今回のワークショップに参加されなかった方も、
ぜひ福を呼ぶ亥に出逢いにお越しくださいね。

多治見るこみち
№17:来年の干支 亥の置物を作ろう

◆レポート◆多治見るこみち事務局 日比野